プロフィール

aactopteam

Author:aactopteam
志鎌秀昭
静岡県出身
1983年12月29日生
PB 走幅跳 7m93
国際陸上競技連盟公認レベルⅠコーチ
aactopteam

中村仁
兵庫県出身
1989年5月13日生
PB 110mH 
中学生担当コーチ
aactopteam

佐藤慧太郎
青森県出身
1991年2月23日生
PB 400m 
高校生担当コーチ

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

東日本実業団と茨城総体視察

5月22日
東日本実業団

結果 7m26(+0.7)

余りにもお粗末な結果。
原因としては冬季の貯金がない状態からの兵庫以降の体制の立て直しや
練習の組み立て方がうまくいかなかったこと。
最初の3本は、もうどうしよもない内容で、思い出しても恥ずかしい。

ただ、そんな中でも少し希望はあった。
まだ兵庫よりはスプリントがましになってきたことと、
その中で操作する余裕が出てきたこと。
そして、最後の2本あたりでようやくスタートから前半へのつなぎの部分がよくなって、
少し感覚が戻ってきたこと。
ファールでしたが、最後の1本でようやく最低限の跳躍になったと思う。
本来はこの状態からシーズンインしなければいけない。
まだ、最後乗り遅れているのでそこは注意。

あれを1本目に持ってくることができるようになれば、
だいぶ試合展開も内容も変わるでしょう。
日本選手権まで3週間。
腐っている暇はない。
集中します。



5月23日
茨城県総体視察
朝から、メイの幅を見に水戸へ。
2日前に風邪をこじらせたということでどういう状況かわかりませんでしたが、
健闘してくれました。

1本目 5m54
踏切板に少し届かないながらも5m54。
いつも足が合わないのでFするよりは記録をというところで攻めてみましたが
助走の流れも良く、良い跳躍でした。

2本目 
先ほど届かなかったということもあり、スタートから動きが硬い。
そのまま改善できず、案の定板には届かず。

3本目
軽い感じで出られるも、あまりいい風がつかめずに
そこからスピードも上がらず。

4本目 5m57
無難にまとまった1本。
最後スピードに乗れなかったが、まとまった。
ここを最低限にもっていきたい。

5本目
ここから、挑戦開始。
もう少し速度を出せるよう、かつ、スタートから力まないようにと。
助走の内容はよかったが、踏切板に60cmほど届かず。

6本目 F
先ほどと内容は同じで、40cm前に出すように。
助走からのつながりも良かったが、残念ながらファール。
記録計測の先生が着地地点を覗いていたのを見ていたので
実測を聞いたところ、5m87(3cmほどF)とのこと。


最終的な結果としては5m57で優勝。
北関東に無事進出です。
全体としては、いつも足が届かずに後傾が激しかったりしたのですが
今日はこれまでよりスタートが安定していたこともあって
助走も大きく崩れず、悪い癖はあまり出ませんでした。
内容的に、大きく進歩したような気がします。
ただ、本当の戦いはこれからなので、
北関東では3本目までにベスト(5m64)を大きく超えていかないと
インターハイへの道は厳しい。
でも、内容等みても足が合ってくれば十分その可能性はあるので
フレッシュに挑戦してほしいものです。



教え子のがんばりに、僕もいい刺激をもらいました。
ありがとう。
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。