プロフィール

aactopteam

Author:aactopteam
志鎌秀昭
静岡県出身
1983年12月29日生
PB 走幅跳 7m93
国際陸上競技連盟公認レベルⅠコーチ
aactopteam

中村仁
兵庫県出身
1989年5月13日生
PB 110mH 
中学生担当コーチ
aactopteam

佐藤慧太郎
青森県出身
1991年2月23日生
PB 400m 
高校生担当コーチ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
コメント

成田さん

いろいろ調べてみましたが、今回のケースは「伝染」より「感染」の方が正しい言葉かもしれません。
同じような意味として捕らえて使ってしまいました。

またいろいろ考えてみたいと思います。
 

コメントありがとうございます。

悪い動きのとらえ方(=踏み切り局面のかかとから起こしていくように。ねちっこい感じ。:これは間違った動きであり、ここでいう病原体)があるために、
助走全体が(ねちっこくなってしまい)後手後手に回るようになってしまう、と繋がる意味で使っていました。

2 物事の状態・傾向などが他に移って同じような状態が起こること。

  踏み切り局面の状態が、助走にまで起こってしまうということです。

また、言葉の奥深さを考えるとともに、内部知覚を鋭敏化していきたいと思います。
ありがとうございます。


追伸
志兼ではなく志鎌ですので、よろしくお願いいたします。
 

伝染について

昨年度の自己分析の中に「伝染」という表現がありましたが、自己分析においては適切な表現ではない気がします。
<Yahoo辞書によると>
病原体が他の生物体に入り、増殖して病気になること。感染。「はしかが―する」 2 物事の状態・傾向などが他に移って同じような状態が起こること。「あくびが―する」 です。故に志兼選手のパーソナリティーに発生している事象を表現するには適正ではない気がします。
<自分の能力を搾り出せ>
志兼選手レベルの感覚は、言葉を間違って選んだだけで前へは進みません。どうぞその事を避けて通らず乗り越えて下さい。まだ、発展途上です。そして、世界を子供たちに示してください。よろしくお願いいたします。
 
コメントを投稿する


技術的ポイント

昨年度と今年度の違いが自分の中で少しクリアになってきたので
そのポイントを1つ、比較して書こうと思います。
あくまで自分のmemo的な感じですが。
そして久しぶりの技術ポイント更新でした(苦笑

・踏み切りへの意識の変化
昨年度:かかとから起こしていくように。ねちっこい感じ。
    よくよく考えたらHJのように止めることばかり意識して、
    その後の抜けまで頭がまわってなかった。
  その結果、踏切局面が伝染し、助走全体が後手後手に回るようになり、
  どんどん乗り遅れて踏切までも遅れて常につぶれる感じがあふれる跳躍に。
  どんなにスピードが乗っても、それに応えられる絶対的筋力があるわけもなく。
  それは手応えを感じられるわけもなく・・・
 
今年度:前からさばいて乗せていくように。あっさりした感じ。
    その結果、助走全体、1歩1歩への準備の先取りが可能になり、
    踏切へもさっと乗れていくようになった(なってきた)。
  これにより、助走の乗りも全然かわってきたし、気持ちの面でも
  前へ前へ攻める姿勢も生まれてきた。

ただ、今問題になってきたのが、それによる前傾。
意識から突っ込めるようになったので、上体も少し突っ込んでしまったようで・・・
が、これまでの動きよりは全然良い感じな上に、踏切も抜けてきたので
その辺りを微調整していったらまた面白いことになるはずです!!


秋に向けて、攻めて攻めて、攻めていきます!
スポンサーサイト
 
コメント

成田さん

いろいろ調べてみましたが、今回のケースは「伝染」より「感染」の方が正しい言葉かもしれません。
同じような意味として捕らえて使ってしまいました。

またいろいろ考えてみたいと思います。
 

コメントありがとうございます。

悪い動きのとらえ方(=踏み切り局面のかかとから起こしていくように。ねちっこい感じ。:これは間違った動きであり、ここでいう病原体)があるために、
助走全体が(ねちっこくなってしまい)後手後手に回るようになってしまう、と繋がる意味で使っていました。

2 物事の状態・傾向などが他に移って同じような状態が起こること。

  踏み切り局面の状態が、助走にまで起こってしまうということです。

また、言葉の奥深さを考えるとともに、内部知覚を鋭敏化していきたいと思います。
ありがとうございます。


追伸
志兼ではなく志鎌ですので、よろしくお願いいたします。
 

伝染について

昨年度の自己分析の中に「伝染」という表現がありましたが、自己分析においては適切な表現ではない気がします。
<Yahoo辞書によると>
病原体が他の生物体に入り、増殖して病気になること。感染。「はしかが―する」 2 物事の状態・傾向などが他に移って同じような状態が起こること。「あくびが―する」 です。故に志兼選手のパーソナリティーに発生している事象を表現するには適正ではない気がします。
<自分の能力を搾り出せ>
志兼選手レベルの感覚は、言葉を間違って選んだだけで前へは進みません。どうぞその事を避けて通らず乗り越えて下さい。まだ、発展途上です。そして、世界を子供たちに示してください。よろしくお願いいたします。
 
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。