FC2ブログ

プロフィール

aactopteam

Author:aactopteam
志鎌秀昭
静岡県出身
1983年12月29日生
PB 走幅跳 7m93
国際陸上競技連盟公認レベルⅠコーチ
aactopteam

中村仁
兵庫県出身
1989年5月13日生
PB 110mH 
中学生担当コーチ
aactopteam

佐藤慧太郎
青森県出身
1991年2月23日生
PB 400m 
高校生担当コーチ

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

東日本を終えて

応援してくださった方々、ありがとうございました。
そして、すみませんでした。
現実は厳しいもので、まだまだ、でした。

7m05で決勝に行けずと、ほんとになんとも言えません。


ギリギリの中、逆算して、計画を立てなおして、また逆算して、
これでもかってくらい、夢を諦めたくない一心で
自分の身体と対話してやってきました。
久しぶりの試合前のピリピリ感。
すごく充実した気持ちで試合を迎えられました。


が、結果からすれば東日本実業団に出場するのがやっとでした。


3月16日の左ハム肉離れⅡ型と診断されてから約2ヶ月。
結果は残念でしたが、
これほど前向きに向きあって来れたのは、良き仲間に恵まれたからだと思います。


本当に、応援ありがとうございました。



思い出話になりますが・・・

と、少々長くなりそうなので追記は下に隠しておきます。
つづき。


最近は本当にケガばかりで、
気がついたらちゃんと試合に出たのは昨年の関東選手権。
それも途中でケガをして、枚方ロングジャンプカーニバルも万全で出られず、シーズオフして・・・


冬期の最初は、400mを70秒で走るのもきついくらいで、
クラブの中学生、高校生の群れにおいてけぼりをくらいながらも歯を食いしばり
何度倒れようと、何度吐こうと、前を向いてきました。

12月は後ろでも絶対に耐える。
1月は必ず前へ行く。
2月は常に前を走る。

苦しかったけど、本当に自分を信じたからこそ耐えられた冬期練習でした。


最後の3月の合宿で、疲労がたまったところに肉離れ。
正直、よく2ヶ月で試合に辿り着いたと思います。
トレーナーPKさん、Mさん、そしてO先生に、本当に感謝です。



なんだか流れ的にこれ以上書くとすべてが終わる方向に流れてしまいそうですが!!!

ロンドンオリンピックへの挑戦は終わってしまいましたが、


背中を押してくれる嫁さんと、
まだやれると思う心があるので、
もう少し現役生活にお付き合い下さい!


ここからもう一度、這い上がります!!!

今後とも、よろしくお願い致します。
スポンサーサイト



 
コメント

志鎌選手、都道府県選手権をクリアしての地区選手権大切だと思います。
クリアの過程はインターハイ路線に似ていますね。
A標準が最高ですが地区3位以内B標準で日本選手権。

これからも世界選手権・五輪路線は続くのですから、2012シーズン日本MLJアスリート達は、自分で怪我しないように工夫して、コーチや自分で考えた練習を経て、強い自信を抱いて、充実した気持ちで、コーチのアドバイス・仲間や観客の応援・拍手に包まれて、そして何よりも自分自身で考え練習で身に着けてきた技術で、出場する試合で自分で決めた目標へと、正々堂々走り踏み切り着地します。

ただ五輪イヤー今年の日本選手権にエントリーできる実業団・学生の選手は最高に幸せだと思います。
ベテランの実業団選手から若い大学生まで全員にチャンスはあると思います。
現日本記録は大学2年生の樹立・ハイレベルな日本選手権で・日本中ライバル意識が燃えて・日本MLJアスリート全体のレベルアップが最高です。

来年からも日本選手権はあり、
世界選手権はあり、
その先にはリオデジャネイロがあります。

「跳べ志鎌選手!」
 

240
コメントありがとう!
本当に、ただたずさわっているだけじゃ意味のない世界でこの結果は歯がゆいよね。
でもまだまだ、やるからにはベストパフォーマンスを目指してお互いがんばろう!!
 

東日本お疲れ様。怪我ばかりなのは私もまったく同じ…実業団という世界にいながら情けない限り。
今回の東日本の直前に怪我で(´Д` )ずっとまともに試合に出れてないよ。
シカは出場したんだし第一歩だよ。お互い頑張ろう~若くはないけど(笑)
 
コメントを投稿する