プロフィール

aactopteam

Author:aactopteam
志鎌秀昭
静岡県出身
1983年12月29日生
PB 走幅跳 7m93
国際陸上競技連盟公認レベルⅠコーチ
aactopteam

中村仁
兵庫県出身
1989年5月13日生
PB 110mH 
中学生担当コーチ
aactopteam

佐藤慧太郎
青森県出身
1991年2月23日生
PB 400m 
高校生担当コーチ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
コメント
コメントを投稿する


さーて

もうネタに困ってきたな。


ドンマイ俺

ま、昨日は志鎌さんがブログを書かれていたので自重しただけです。本当です。
『あの文章の後にどうふざけていいのかわからなかった』という訳ではありません。


持論

『器用になればトレーニング効率は上がる』

練習嫌いの私が生み出した苦肉の策。




生まれた理由(高校時代)
ハードルの練習いっぱいするのシンドイからヤダ
        ↓
なんとか最低限の量で済ませるにはどうすれば…
        ↓
やりたい動作を一発で出来るようになれば最強!
        ↓
つまり…器用になればええんや!
        
以上です。
とんでも理論やと思いますが、そこは高校生の脳ミソなので仕方ないです!

方法は、ボクサーが左手でご飯を食べたりして、身体を動かしやすくしたとかなんとかというのを聞きかじったのを参考にして、利き手利き足以外を使ったりと色々しました。

左手でご飯を食べる。逆足でハードルドリル。左手でキャッチボール。バットのスイング等々…
後半はただの野球の練習ですいませんね。
でも半年くらいは集中して取り組んでました。それ以降は常に意識してやるようにしてます。

今思えば、無意識の行動を意識して行う事で動作の順序や動き方を再認識出来たんだと思います。

コツは1つ1つの動作の確認と観察。

もうちょい詳しく書こうかと思いましたが、文章作成嫌いの私が顔を出してきたので無理でした。

雑に書きましたが、『器用になる』ことは陸上競技だけではなく、スポーツにおいて重要な要素じゃないかなと思います。


え?もっと科学的に根拠を示せって?


お、おぅ…気が向いたらな!(弾けるような笑顔で
スポンサーサイト
 
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。