FC2ブログ

プロフィール

aactopteam

Author:aactopteam
志鎌秀昭
静岡県出身
1983年12月29日生
PB 走幅跳 7m93
国際陸上競技連盟公認レベルⅠコーチ
aactopteam

中村仁
兵庫県出身
1989年5月13日生
PB 110mH 
中学生担当コーチ
aactopteam

佐藤慧太郎
青森県出身
1991年2月23日生
PB 400m 
高校生担当コーチ

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

競技者としての賢さ

競技志向の強い話。

陸上競技はただ走る、跳ぶ、投げるだけなので頭を使う必要性は無いのか。


んなわきゃない(タモリ風に)


誰よりも良い記録を出したいなら頭もフルに使いたいですよね。
練習なんて大体の人がしてるんですから、練習に何を+αするのかによっては人との差をつけることが可能です。私も昔はとりあえず身体を全力で動かせば速くなると思って練習してましたが、どこかで限界が訪れますし、限界が訪れた選手も多く見てきました。
何をしても記録が出ない状態ってのはめっさキツイものがあります。
まぁ私の場合はたまたま運良く乗り切れた部分が多くありますが、頭を使う努力はしたほうが良いでしょう。

種類はありますがトップの選手は賢い人多いですし。

ここで勉強出来ねぇから駄目だと思った人がいたとして書いときますが、賢いといっても学校の勉強が出来る出来ないとはまた別のものなんで気にすることはないZO☆。

確かにスポーツ科学とかはハイレベルな知識を得たりすることも大事ですが、ここで言う賢さは情報の取捨選択や優先順位、速い選手を自分なりに分析するとか、技術への理解を深める為にするちょっとした試行錯誤の話ですからね。

一応それでも何にも考えたくない、身体を動かすことだけ考えたいって人は信頼できるパーソナルコーチを全力で見つけた方が得策かと思います。
コーチが考える部分を担当することでなんとかなるんじゃないでしょうか。海外ではコーチが選手をコントロールするやり方が確かあったと思います(あやふや)
この手段を選ぶこともまた競技者としての賢さでしょう。

話を戻しますが、個人的に頭を使う努力の中には技術に対しての理解を深める以外に感性を磨くことも含まれていると思うんですよ。
陸上競技はスポーツで、スポーツは文化ですから鋭い感性を持つことが競技に与える影響って馬鹿に出来ないんじゃないかという考えで。

感性ってなんぞ!?って言われると具体性に欠ける言葉しか出てきませんが。
今ある常識をぶっ壊せるとか、なんとなく自分に必要な事がわかるとか、一般的な視点から外れられる能力とでも言いますか。
正しいと感じるなら少数派でも選べるって大事。



あーちょっとこういう文章書こうとするとめっさ長くなるからアカンね(;^ω^)
疲れた

もうちょいだけ


やっぱ書かない


競技者の努力は単純な練習量で決まるもんでは無いんですよ。
お疲れ乾杯プロテイン!
スポンサーサイト



 
コメント

Re:

もっと掘り下げていくには俺の成長が足りないっ!!!
 

深いですねー
勉強になりました。
 
コメントを投稿する