プロフィール

aactopteam

Author:aactopteam
志鎌秀昭
静岡県出身
1983年12月29日生
PB 走幅跳 7m93
国際陸上競技連盟公認レベルⅠコーチ
aactopteam

中村仁
兵庫県出身
1989年5月13日生
PB 110mH 
中学生担当コーチ
aactopteam

佐藤慧太郎
青森県出身
1991年2月23日生
PB 400m 
高校生担当コーチ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
コメント
コメントを投稿する


はいはい持論持論

個人的経験からの推測やけれども、成功に寄せようとするより失敗から遠ざかるようにした方がいいと思う。
特に過去の成功体験例に寄せることは失敗の要因になる1つ。

スランプ的な状態に陥ってしまいやすい選手は現状の停滞を過去の成功を再現する事で抜け出そうとする事が多い様に思う。けど問題はそこじゃないから課題解決方法としてはミスマッチで負のサイクルに入る。
成功というのはその時の事例であって、全く同じ事をしたからといって同じ結果を生み出せることはまず無いやろう。特に表面上の方法による再現なんてその時の自分には必要やったというだけやからホンマに無理があると思う。
必要なのは現状の問題から目をそらす事なく課題を1つ1つ明確にしていくこと。そして、その課題に対して有効なトレーニング手段を考えて実行すること。

この過程をすっ飛ばして問題解決をしようとすると過去の成功に寄せるしかないから成功率は低くなる。

これはあるあるレベルの問題やと思うけど、あくまで個人的経験からの推測。
でもこれに当てはまると思ったら今を見つめ直してみるのもいいんちゃうかな?

お疲れ乾杯プロテイン!
スポンサーサイト
 
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。