プロフィール

aactopteam

Author:aactopteam
志鎌秀昭
静岡県出身
1983年12月29日生
PB 走幅跳 7m93
国際陸上競技連盟公認レベルⅠコーチ
aactopteam

中村仁
兵庫県出身
1989年5月13日生
PB 110mH 
中学生担当コーチ
aactopteam

佐藤慧太郎
青森県出身
1991年2月23日生
PB 400m 
高校生担当コーチ

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
コメント

Re:

ホントにその通りだと思います。
中国ですか・・・環境も含めて練習というならば大きな違いがありそうですね。
 

同意見ですか!嬉しいです。
高校でジュニアハードルに専念させれば、世界ジュニアでメダル、もしくは優勝できる選手も現れるんじゃないかと思います。
そしてハイハードルにもスムーズに対応できるようになるのではないかとも思うのですが…
劉翔、史冬鵬、そして謝文駿といった世界トップレベルのハードラーがいる中国はどのような練習をしているのでしょうかね…

 

Re:

ホンマにめっちゃ詳しいですね!そういえばそんなタイムでした!
それについても書こうかと思ったんですけど、まぁええかとやめてました笑
ちなみに同意見です。
高校ではジュニアでスプリントを重点にインターバル間の能力が高い選手を育てて、大学に入ってからハイに移行して踏切や着地の技術力を上げるようにすればスプリント能力の高い選手層の厚みが増えやすいのでレベルは上がると思っています。
高校からハイでは敷居が高過ぎて種目の人口が増えにくいですし、スプリント能力よりも身長と技術力の高い選手の方が重宝されがちですからね。
まだ他にも考えられる利点はあると思いますが、なんで高校をジュニアにしないんでしょうね笑

 

前記事にもコメントさせて頂きましたが、
仁選手が保持していたジュニア規格最高記録は
2008年の世界ジュニア決勝で出されました13秒53ですね。
ちなみに矢澤選手は2010年の世界ジュニア準決勝で出した13秒57が最高です。
先日のアジアジュニアで法政大学の金井選手が13秒33、2位の立命館大学の鍵本選手も13秒51らしいです。

個人的には、日本も高校時代はジュニアハードルで競技を実施して大学からハイハードルで実施するようにしたほうが、日本のトッパーのレベルも上がるのではないかと思うのですが、 どう思いますでしょうか…?
 
コメントを投稿する


【悲報】ジュニアでの日本記録抜かれる

周りから指摘されたけど、記録を保持してたこと自体知らんかったからどうしたらいいのかわからない

調べてないんでわからないんですけど、世界ジュニアで出したあの記録かな?
今の時期に抜かれるということはアジアジュニアで誰か出したんかな。
というかてっきり矢澤航に抜かれてると思ってたからホンマになんの記録が抜かれたのかわからんかった。

とりあえず自慢しとこかな
俺日本記録持ってたんやで(過去形)

これは・・なんて虚しさのこみ上げる言葉や・・・

まぁそもそもハードルの規格(高さ)って
中学が91.4cm(ミドルハードル・ユースハードル)
高校・一般が106.7cm(ハイハードル)
なんですけど、今回抜かれた記録の規格は
99.0cm
で上の二つの間に位置する高さで俗にいうジュニアハードルってやつなんですよね。

疑問ですよね。
中学と高校・一般での規格じゃないなら、試合ないやんって

まぁその通りで日本でジュニア規格の試合はほぼ無いです。今はどうか知りませんけど。
自分は中3でのジュニアオリンピックと高1での国体ぐらいしか出たこと無いですから。
つまり日本では超どマイナーな規格なんです。
ただし、アジアジュニアや世界ジュニアはこの規格での試合ですので、大1の時に出場した私が記録を持ってたということですね。

そういう隙間の記録を持っていたということがよくわかって頂けたでしょうか?
忘れる気持ちをわかって頂けたでしょうか?
丁寧な説明文やと思いましたね?これはただの忘れてた事に対する言い訳!!マイナーな規格やし記録忘れてても仕方ないよねって思わせるための言い訳!!!


はい

あと持ってる記録は四種競技だけになったかな。でもこれ、ハードルと違うから持ってないに等しいやん(白目)
まぁ過去の記録は抜かれる為にありますから、抜いた人にはおめでとうと言いたいと思います。
そして、記録を抜く側になれるようにこれから頑張っていこうと思います。

とりあえず今の目標とする記録は志鎌さんのブログ記事数を抜くことです。
ふ、今日もまた1つ近づいた・・・

お疲れ乾杯プロテイン!
スポンサーサイト
 
コメント

Re:

ホントにその通りだと思います。
中国ですか・・・環境も含めて練習というならば大きな違いがありそうですね。
 

同意見ですか!嬉しいです。
高校でジュニアハードルに専念させれば、世界ジュニアでメダル、もしくは優勝できる選手も現れるんじゃないかと思います。
そしてハイハードルにもスムーズに対応できるようになるのではないかとも思うのですが…
劉翔、史冬鵬、そして謝文駿といった世界トップレベルのハードラーがいる中国はどのような練習をしているのでしょうかね…

 

Re:

ホンマにめっちゃ詳しいですね!そういえばそんなタイムでした!
それについても書こうかと思ったんですけど、まぁええかとやめてました笑
ちなみに同意見です。
高校ではジュニアでスプリントを重点にインターバル間の能力が高い選手を育てて、大学に入ってからハイに移行して踏切や着地の技術力を上げるようにすればスプリント能力の高い選手層の厚みが増えやすいのでレベルは上がると思っています。
高校からハイでは敷居が高過ぎて種目の人口が増えにくいですし、スプリント能力よりも身長と技術力の高い選手の方が重宝されがちですからね。
まだ他にも考えられる利点はあると思いますが、なんで高校をジュニアにしないんでしょうね笑

 

前記事にもコメントさせて頂きましたが、
仁選手が保持していたジュニア規格最高記録は
2008年の世界ジュニア決勝で出されました13秒53ですね。
ちなみに矢澤選手は2010年の世界ジュニア準決勝で出した13秒57が最高です。
先日のアジアジュニアで法政大学の金井選手が13秒33、2位の立命館大学の鍵本選手も13秒51らしいです。

個人的には、日本も高校時代はジュニアハードルで競技を実施して大学からハイハードルで実施するようにしたほうが、日本のトッパーのレベルも上がるのではないかと思うのですが、 どう思いますでしょうか…?
 
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。