FC2ブログ

プロフィール

aactopteam

Author:aactopteam
志鎌秀昭
静岡県出身
1983年12月29日生
PB 走幅跳 7m93
国際陸上競技連盟公認レベルⅠコーチ
aactopteam

中村仁
兵庫県出身
1989年5月13日生
PB 110mH 
中学生担当コーチ
aactopteam

佐藤慧太郎
青森県出身
1991年2月23日生
PB 400m 
高校生担当コーチ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
コメント
コメントを投稿する


前半シーズンの反省

前半シーズンは4試合に出場しました。
記録会が2と東日本実業団、県選ですね。
全部含めてのレース数は8レースです。
ハードルのレース数は3です。






しかも、その内2つは右ハムの怪我で全レースをこなしていません。







今年は試合数を多くして身体を慣らしていく予定だったのですが、全く出来ていませんね。これは達成度で考えると本気で0点レベル。

ただ、内容は別!
ハードルと100は共に今シーズン1発目から去年のシーズンベストを超えているので、去年の遥か上をいっていると思います。
特に評価出来るのはハードルよりもスプリントですね。
これは明らかに去年より感触が良い。というより今までで1番感覚的には良いかもしれません。もともと今年はハードルよりも100m、200mである程度のタイムを出そうと考えていたので計画通りではあるのですが、怪我のことを考えるともう少し調子が落ちるかと思っていたので・・驚いています。ただ本数を走れるかと言われると微妙な顔しか出来なくなるので、シリーズ走やrun+speed skip等の練習を入れていくか・・・今はまだup-hillに取り組み続けても良さそうな気もするので怪我が治ったら足の状態と時期をみて方向性は決めますかね。

ハードルに関しては安定して後半が走れるようになってきた事がタイムの底あげの要因になっていると考えています。なので、ハードリング自体はそんなに変わっていないかと思われます。変わったとするなら1台目のアプローチのところでしょう。スプリントが上がったことで加速から踏み切り動作間で立ち上がりやすくなり、スムーズに踏切の準備動作まで移れるようになったんではないかと考えています。まぁ今年はレースを通して修正箇所を探る程度の意識でいこうと考えているので、今はあえてあまり深く技術的な課題に取り組む事はしません。とりあえず今年はスプリントに取り組みます。

さて、まとめると今のところ今年の計画はグダグダ進行、課題としていたスプリントは良い感じ、ハードルはなんか知らんがやたら良い。という具合ですね。

ここに前半シーズンを振り返って出来た課題を足します。
・右ハムのガラスっぷりをどうにかしたい
・1試合でこなせる本数を多くしたい
・スプリントフォームのイメージ、意識を微調整 目標100m 10"8-9 200m22"0-2

1つ目は足の左右差を無くしていけばなんとかなる、2つ目は試合に出てればなんとかなる予定だったので少しだけ強化、3つ目は今の感覚を忘れない事と前半シーズン情けなかった自分にハッパをかける意味で目標タイムの掲示。特に200mは県選決勝ラインなのでクリアしたいところ。まだ1本もレースに出れてませんがね(# ゚Д゚)

つらつらと自分の為に書きましたが、これは長文の上面白くないな。



こういう時は動物に助けて貰いましょう。かわいいは正義!
ツバメが手の届きそうなところで眠っていたので撮りました。起きてしまうのではないかという焦りからブレてしまいましたがツバメです。

ちょーかわいい(*^_^*)☆彡




こ れ で O K !

お疲れ乾杯プロテイン!
スポンサーサイト
 
コメント
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。