プロフィール

aactopteam

Author:aactopteam
志鎌秀昭
静岡県出身
1983年12月29日生
PB 走幅跳 7m93
国際陸上競技連盟公認レベルⅠコーチ
aactopteam

中村仁
兵庫県出身
1989年5月13日生
PB 110mH 
中学生担当コーチ
aactopteam

佐藤慧太郎
青森県出身
1991年2月23日生
PB 400m 
高校生担当コーチ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

訪問者数

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
コメント

こちらこそよろしくお願いします!
やっぱり皆さん独特の感覚持ってますよね。いろんな人からどんなこと考えているのか聞いてみたいっす
 

マニアックです(笑)

……………

でもイメージできる自分もいて、私なら…と考えている自分もかなりマニアックだ(笑)

もうすぐオーストラリアだね。
よろしく~☆
 
コメントを投稿する


memo

昨シーズン描いていたイメージを言葉にしてみる。

といっても、まだまだ頭の中から完全に抜け切れるわけでもなく、
感覚の範囲が大きいので簡単に。


ということで、今日はその第1弾、出だし。


マニアックな話題になるので、続きは↓へ。


1歩目はななめ40°くらいのイメージ。
6歩までの感覚としては、ただストライドをかせぐ、リズムをとるだけではいけない。
出だしにすべてを乗せる。
バネを縮ませ、伸ばして乗せる。

ある程度のスピードをかせぎながら、かつリズムを刻めるようにしていかなければならない。
2歩目、3歩目と、無理に力を入れるのではなく、力を入れずに力が伝わるポイントで押す。

6歩目の第2マークは確認として重要ではあるが、あくまでそれは通過点として。
10歩目あたりを目安にして加速を丁寧かつ乗り込んでいけるように。

その時の走り方としては、思いきりよく行くというよりは、気持ちよく加速。
ただ、その時の注意点としては上に浮くだけにならないように。

短距離の思い切ったような走りだと中盤の乗りが悪くなる。(助走が短いため)
前さばきがギリギリできるような(テンポを刻めるような)前型(足のさばき)で、
加速につながるスプリントを目指す。

大きな筋を使うようにする。


と、スタートから簡単に思いつく範囲でと思ったのですが、書き始めたら出てくる出てくる・・・
まだまだブラックボックスにしておきたい部分もあるのでまずは『出だし』の一部分を紹介しました。
というよりは自分のmemoみたいなところなので、今後もっと簡潔に伝わるような言葉、イメージを作れたらと思います。
自分の主観的過ぎな部分なので、こいつこんなことかんがえてるのか~と参考までに。。。

まだまだ、『中盤』『ラスト』など、続編を気づいたときに書いていく予定です。
スポンサーサイト
 
コメント

こちらこそよろしくお願いします!
やっぱり皆さん独特の感覚持ってますよね。いろんな人からどんなこと考えているのか聞いてみたいっす
 

マニアックです(笑)

……………

でもイメージできる自分もいて、私なら…と考えている自分もかなりマニアックだ(笑)

もうすぐオーストラリアだね。
よろしく~☆
 
コメントを投稿する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。